スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<普天間移設>「県外」組み合わせ提示 沖縄知事に防衛相(毎日新聞)

 北沢俊美防衛相は26日午前、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、沖縄県庁で仲井真弘多知事と会談した。北沢氏は「分散移転でいろいろな案を考えている。沖縄の負担が実感として減ったというものを作りあげたい」と述べた。米軍キャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)や米軍ホワイトビーチ(同県うるま市)沖合への移設案に加え、訓練や基地機能の一部を徳之島(鹿児島)など県外に移転する案を組み合わせる考えを示したものだ。また会談で北沢氏は、シュワブ沿岸部へ移設する現行計画について「極めてゼロに近くなってきた」と述べ、事実上断念することになるとの見通しを表明した。

 北沢氏は知事に対し、シュワブ陸上部に500メートル級の滑走路を移設する案を説明した。県幹部は「分散移転は暫定的な措置だ。普天間の機能は当面残ると思う」と指摘した。

 会談後、北沢氏は記者団に分散移転の時期について「全部片付いたら普天間から移設ということでなく、徐々に地域も分散する」と述べ、移転可能な部分から速やかに進める考えを明らかにした。

 岡田克也外相は同日朝、東京都内の外務省飯倉公館でルース駐日米大使と会談。(1)シュワブ陸上案に500メートル級滑走路を建設(2)ホワイトビーチ沖合の2案に分散移転を組み合わせる考えを伝えたとみられる。【三森輝久、仙石恭、野口武則】

【関連ニュース】
普天間移設:県内2案提示へ 一部「県外」とセット
郵政改革:閣内対立激化 鳩・菅・仙VS社・国の構図に
郵政改革:亀井氏独走やまず 民主、官業肥大に批判
10年度予算:今夕に成立…参院委可決
普天間移設:「県外あきらめていない」…参院委で首相

3月末で平日昼間割引終了=夜間、週末は継続-首都・阪神高速(時事通信)
<日本鋼管病院>診療報酬過大受給か 育休看護師ら「常勤」(毎日新聞)
普天間移設、複数案提示へ=徳之島移転案も検討-鳩山首相、関係閣僚と協議(時事通信)
<気温>4~6月は平年並み 東海3カ月予報(毎日新聞)
日本ビクター、社長を外部から招聘…フロントライナーの伊藤社長(レスポンス)
スポンサーサイト

裁判長「誠に申し訳ない」、菅家さんに謝罪(読売新聞)

 「被告人は無罪」。

 足利事件再審判決で佐藤正信裁判長が告げると、菅家さんは立ったまま一礼した。その後は座って約20分、裁判長の説明に耳を傾けた。DNA鑑定について、「再審公判で証言した専門家の話に基づくと、科警研の旧鑑定は証拠能力を認めることはできない」と裁判長が述べると、菅家さんは顔を見つめ返した。

 最後に佐藤裁判長は菅家さんを見つめ、「通常ですと、(被告に)訓戒ができることになっていますが、本件では自戒の意味を込めて謝罪とさせていただきます」と切り出した。

 続いて「菅家さんの真実の声に十分に耳を傾けられず、17年半もの長きにわたり、自由を奪う結果になったことは公判を担当した者として誠に申し訳なく思います」と謝罪。その後、両脇の陪席判事を含めた3人の裁判官が起立し、証言台の前に座った菅家さんに向かって、3秒ほど深々と頭を下げた。菅家さんは座ったまま一礼した。

 佐藤裁判長は「今回のことを肝に銘じて、二度と起こしてはいけないと強く感じています」と言葉をつなぎ、「菅家さんに幸多きことを心よりお祈りし、込められた思いを深く胸に刻んで、再審公判を閉じることにします」と結んだ。

 閉廷後、菅家さんを先頭に弁護団は「完全無罪」「裁判長、謝罪」「旧DNA鑑定の証拠能力否定」と書かれた3枚の紙を持って地裁の玄関から出てきた。

 支援者らに拍手で迎えられた菅家さんは「おめでとう」と声を掛けられると、両手を上に大きく掲げ、晴れやかな表情を見せた。

挙党体制づくりに全力=自民・谷垣総裁(時事通信)
<強風>足場が倒壊、けが人はなし 京都の阪神高速建設現場(毎日新聞)
<消費者庁>不当表示で化粧品輸入販売業者に措置命令  (毎日新聞)
固定翼機の一部、嘉手納移転検討…普天間移設(読売新聞)
4万年前、中央アジアに「未知の古人類」生息 化石DNA分析、国際チーム発表(産経新聞)

<長谷川等伯展>29万人訪れる 4月10日から京都で(毎日新聞)

 東京国立博物館で2月23日から3月22日まで開かれた「没後400年 特別展『長谷川等伯』」(毎日新聞社、NHKなど主催)には会期中、29万2526人が訪れた。国宝の「松林図屏風(びょうぶ)」や「楓図壁貼付(かえでずかべはりつけ)」など、桃山絵画の巨匠の長谷川等伯(1539~1610年)の代表作が一挙に展示され、会場には連日多くの人々が詰めかけた。同展は4月10日から5月9日まで京都国立博物館でも開催される。

【関連ニュース】
長谷川等伯展:鳩山首相が鑑賞「迫力に非常に感銘受けた」
長谷川等伯展:来場者が20万人を突破 東京国立博物館
皇后さま:「長谷川等伯展」鑑賞 東京国立博物館
長谷川等伯展:1万3553人が訪れ、長蛇の列 東京
長谷川等伯展:入場者10万人を突破…東京国立博物館

機密費全面公開に否定的=「国益にプラスなのか」-平野官房長官(時事通信)
<フェリー事故>荷崩れ後に傾斜か 三重・熊野灘で横転(毎日新聞)
<B型肝炎訴訟>36人が追加提訴、原告419人に(毎日新聞)
「祇園の夜桜」食べ残し狙うカラス集まり衰え(読売新聞)
駐車場屋根、折れ曲がり直撃=女性死亡、強風原因か-北九州(時事通信)

普天間 本音見せぬ首相 関係者に広がる疑心暗鬼(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、鳩山由紀夫首相は23日夜、関係閣僚と協議し最終的な調整作業に着手した。だが、この夜の協議では首相は本音を語らず、国会審議などで、実現性の薄くなった「県外移設」などの建前をいまだに繰り返している。政府の議論も首相の本音も不透明なまま、関係者には疑心暗鬼が広がっている。

 ≪改めて決意≫

 「これから真剣勝負で、選択肢を定めたときは、生きるか死ぬかの論争、激論になる。最終的に国民の皆さん、沖縄の皆さん、米国の皆さんに理解いただけるものに仕立て上げたい」

 23日の参院予算委員会の集中審議(外交・防衛)。鳩山首相は「5月末までに結論を出す」とした自身の“公約”の実現に向け、改めて決意を強調した。

 ただ、野党からは「首相ではなく、失礼ながら夢想家の発想だ」(自民党の川口順子氏)、「外交は希望的観測だけでできない。軽々しい発言は慎むべきだ」(自民党の山本一太氏)などの批判が飛び交った。

 首相はその後、普天間問題で平野博文官房長官、岡田克也外相、北沢俊美防衛相、前原誠司沖縄担当相と詰めの調整に入った。意思統一を図り、早期に米政府や地元・沖縄などとの本格的な交渉を急ぐ考えだ。

 ただ出席者の一人は「首相は何も言わず、聞き役だった」と振り返る。「名護市辺野古か別の場所かという単純な話ではない。いかに普天間の代替施設を、できるだけ県外に出すかを考えている」と語り、移設先を収斂(しゅうれん)させるにはなお時間がかかることを示唆した。

 ≪交渉は水面下で≫

 首相は予算委で「県外移設は難しいが、あきらめてはいない」と答弁した。しかも関係閣僚との協議を含む政府案を公表せず、交渉を水面下で進める考えも表明した。県外移設に向けて勝算があるのか分からないまま強弁を続ける首相の姿勢に対し、関係者の不信感は強まるばかりだ。

 また、首相は封印している常時駐留なき安全保障論について「一国の領土に他国の軍隊が居続けることは決して常識的ではない。その思いだけは忘れてはならないというのが私の信念だ」と答弁した。在日米軍再編を進める米政府をいたずらに刺激することになりそうだ。

 迷走が続いてきた政府の対応に、公明党の浜田昌良氏はこう切り込んだ。

 「国民が知りたい密約は(日米核密約の)古文書ではなく、今まさに議論している普天間問題のことだ」

小林氏の進退、首相「終わったと思っていない」(読売新聞)
日本IBMが循環取引関与=ニイウスコー粉飾-監視委(時事通信)
降圧配合剤レザルタス、売り上げ目標500億円―第一三共(医療介護CBニュース)
外務省、東郷元局長の文書リスト公表=「密約」説明資料など58点(時事通信)
警部補、証拠差し替え=広島県警が書類送検(時事通信)

沖縄核再持ち込みは「密約」=西山氏ら(時事通信)

 「密約」問題をめぐる衆院外務委員会の19日の参考人質疑で、沖縄返還に絡み当時の佐藤栄作首相とニクソン米大統領による秘密の合意議事録の存在が確認された沖縄への核再配備を、外務省の有識者委員会が「密約とは言えない」と結論付けたことに対し、元毎日新聞記者の西山太吉氏と東郷和彦元外務省条約局長が異論を唱えた。
 西山氏は、報告書の判断を「誤認だ」と批判。「米国はトップによる実名の合意を前提に対日政策を立案し、進めてくる」と強調した。東郷氏も合意議事録について「常識的な意味で言えば約束で、かつ国民に伏せられていた」と述べ、密約だったとの見方を示した。 

【関連ニュース】
密約文書発見は「驚き」=沖縄核再持ち込み
密約文書、佐藤元首相遺族が保管=沖縄核再持ち込み

米英大型事業に金融支援=高速鉄道の海外展開で-政府(時事通信)
民主過半数阻止へ新党結成も…自民・園田氏(読売新聞)
阿久根市長、高校に処分撤回要請=野球部員の出場禁止で-鹿児島(時事通信)
鳩山首相、年金回復法案提出に意欲=社会保障・雇用で集中審議-参院予算委(時事通信)
<口腔崩壊>貧困で子供の歯を治療せず 医師「実態調査を」(毎日新聞)

愛子さま、終業式の日にご登校(産経新聞)

 皇太子ご夫妻の長女、敬宮愛子さまは16日、終業式が行われた学習院初等科に登校された。宮内庁によると、愛子さまは終業式には出席せず、式後に行われた「2年生のまとめ」「3年生に向けての時間」に出席された。この日も皇太子妃雅子さまが参観されたという。

 愛子さまは6日ぶりに登校した8日以降、16日まで5日連続で登校日に登校されたことになる。

【関連記事】
川端文科相「学習院が対応すること」 愛子さま不登校問題  
愛子さまが6日ぶりご登校 雅子さまもご参観
愛子さま登校できず 学習院、露呈された「学級崩壊」
眞子さまが18歳に お写真で振り返るこの1年
悠仁さま3歳に 活発に外遊び 表現も豊かに

恐喝未遂容疑で男逮捕=被害男性は自殺-大阪府警(時事通信)
東京大空襲 世話した孤児320人 きっと立派に(毎日新聞)
高脂血症・高血圧・うつ病3剤で1千億円へ―塩野義(医療介護CBニュース)
直接支払制度の完全実施、さらに1年延長―厚労省(医療介護CBニュース)
「11年の集大成、いい仕事を」=シャトル飛行控え-山崎さん(時事通信)

<捜査怠慢訴訟>都が上告 高裁判決不服(毎日新聞)

 東京都足立区の新聞販売店従業員寮で04年、段ボール箱の中から小出亜紀子さん(当時24歳)が他殺体で見つかった事件を巡り、両親が捜査に怠慢があったとして都に賠償を求めた訴訟で、都は10日、捜査の怠慢と死亡との因果関係を認め1000万円の支払いを命じた東京高裁判決(2月24日)を不服として、上告した。

【関連ニュース】
「捜査怠慢」訴訟:警視庁が上告の方針
捜査怠慢訴訟:2審も死亡の因果関係を認める 賠償を命令
東京・足立区の女性監禁殺人:捜査怠慢、2審も認定 都に1000万円賠償命令

「日勤教育」JR西への損賠支払い命令確定(読売新聞)
事故通報怠り、味の素に警告=事業所の火災や劇物漏えい-三重の消防(時事通信)
【十字路】実物大の大仏半身像難波宮跡公園にお目見え(産経新聞)
龍馬も香りをかいだ?グラバーのラン販売へ(読売新聞)
<公然わいせつ>容疑の税務署員逮捕 福岡(毎日新聞)

鳩山氏離党 与謝野氏「話聞く」、舛添氏「決めてない」(毎日新聞)

 鳩山邦夫元総務相が新党結成を目指して自民党に離党届を提出したことについて、16日も党内で余波が続き、閣僚からは批判的な意見が相次いだ。鳩山氏が連携相手として挙げた自民党の与謝野馨元財務省と舛添要一前厚生労働相は同日午前、それぞれ事態の推移を見極める姿勢を示し、今のところ鳩山氏に同調する動きは広がっていない。

【写真特集】政治家・鳩山邦夫氏の軌跡…親子3人自民党、民主党設立、兄を支えた過去も

 与謝野氏は16日午前、東京都内で記者団に「鳩山氏と連絡をとり、話を聞いてみようと思う。まず話をうかがうことが大事だ。何が起きているのか少し見てからものを考えないと」と述べ、同日中に鳩山氏と意見交換する考えを改めて示した。

 舛添氏は国会内で記者団に対し、昨夜、鳩山氏に電話で「(参院)予算委員会の筆頭理事を務めているので、今は専念すべき時期だ」と伝えたことを明らかにした。同氏との連携については「まだ何も決めてない。政治情勢もどうなるか分からない」と語った。

 与謝野氏に近く、15日に党幹事長代理を辞任した園田博之氏は毎日新聞のインタビューで「重要なのは民主党政権を倒すことだ。中堅・若手を登用するよう求めていく」と述べ、谷垣禎一総裁による執行部一新を求める考えを表明した。この日の自民党役員連絡会では「党が一つにまとまるための具体的な方策を考えるべきだ」などの意見が出された。

 閣僚の閣議後会見では冷ややかな反応が目立った。

 仙谷由人国家戦略担当相は「この種の行動を取るとすれば10年遅い。基本政策や理念がさっぱり見えない。『第三極』の旗というのは、『第三』という言葉だけ使えばいいっちゅう話じゃない」と酷評した。

 前原誠司国土交通相は、鳩山氏が与謝野氏と舛添氏をつなぐ「坂本龍馬」を目指す意欲を示していることに触れ、「私は坂本龍馬が大好きなので、極めて不快感を持っている。自民党の古い方々を薩長同盟になぞらえて『一緒にする』と言われても、『はあ?』という感じですね」と皮肉たっぷりに批判した。【坂口裕彦】

【関連ニュース】
【関連記事】鳩山邦夫氏:自民党離党 「4月末には新党」
鳩山首相:「弟は弟」連携を否定 邦夫氏、離党で
自民党:鳩山邦夫氏が新党結成に意欲
社説:鳩山政権半年 首相の「覚悟」が見えない
◇その日、兄の首相は◇ミス日本の女性7人が表敬訪問 ほおを緩めっぱなし

ダイヤモンドで覆われたきらびやかなiPadが販売予定
JAYWALK中村容疑者「1年前から覚醒剤使用」(産経新聞)
阿久根市長きょうも欠席、特別委審議打ち切り(読売新聞)
<雪崩>巻き込まれて76歳男性不明 山形の熊野岳(毎日新聞)
Facebook、訪問者数でGoogleを抜いて1位に

全国から桜情報、正確さ競う民間の開花予想(読売新聞)

 会員からつぼみの情報を集めて独自のデータ分析をしたり、住民らがご当地の開花を予想したり――。

 気象庁が桜の開花予想から撤退し、民間の気象会社も参入しており、今年の開花予想は各地でまさに花盛りだ。

 千葉県山武市の県立成東高校で、一際目立つソメイヨシノの周りに生徒が毎日のように集まる。林潤一郎教諭(43)と生徒たちは「いつ咲くかな」「つぼみが膨らんできている」と話しながら、小さなつぼみをカメラ付き携帯電話で撮影した。

 ウェザーニューズ(東京)が企画する「さくらプロジェクト」に参加。つぼみなら「小さく硬い」「先がピンク」「頭が分かれ始めた」などと詳細に報告する。観察は、花が散って葉桜になるまで続く。林教諭は「暖かくなれば、つぼみが変化していく様子が見られる。今から楽しみ」と話す。

 桜の情報を寄せる会員は1万人を超える。全国から集まる観察結果と、過去の開花日や気温などのデータを加味して予想する。広報担当の上山亮佑さん(29)は、「桜を実況中継しようという発想から始まった。家や会社の近くなど身近な桜の開花日を知りたいというニーズは昔からあり、応えられるようになると思う」と胸を張る。

 農業者向けの長期予報のノウハウを生かしてウェザーマップ(東京)がこの春、新規参入した。日本気象協会(東京)は、気象庁が開花予想や宣言に使っていた「標準木」の観察を取り入れ、気象データなどを基に独自の計算式を駆使し、開花日を的中させようとしのぎを削る。(千葉支局 吉沢邦彦)

伊勢茶 紺がすり姿で初摘み 三重・四日市のハウス(毎日新聞)
たむろ防止装置 効果ありと判断 設置継続…東京・足立区(毎日新聞)
コンテナ積み方周知へ、トレーラー横転で新法案(読売新聞)
小林議員の証人喚問要求=共産・穀田氏(時事通信)
築地市場移転、都「予定地の汚染除去できる」(読売新聞)

核密約で参考人招致へ 外務委(産経新聞)

 衆院外務委員会(鈴木宗男委員長)は3日午前、核持ち込みなどに関する日米間の密約をめぐり、当時の経緯を知る立場にあった外務省の歴代事務次官や旧条約局長経験者を参考人招致することを決めた。具体的な参考人の選定や招致日程について、理事会での協議を急ぐ。

 日米間には昭和35年の日米安全保障条約改定時に交わされた4密約があるとされているが、自民党政権は一貫して否定している。

【関連:「佐藤優の地球を斬る」】
外相が「真実」を語れない理由
北方領土奪還「外務官僚に気合を」
議員の特権も「仕分け」対象に
ついに認めた 外交官の「悪事」
外務官僚の「体質」にメスを
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

北教組委員長「少し時間を」=1週間後、現金400万円-民主・小林議員側に(時事通信)
狂犬病予防法違反で業者逮捕=無許可飼育も360匹-兵庫県警(時事通信)
<ジェームズ・キャメロン監督>原爆「映画化、意思変わらず」 原作が販売中止(毎日新聞)
2遺体に銃撃の跡?…伊勢崎4人死亡火災(読売新聞)
関西初H&M、若者2500人行列 心斎橋にオープン (産経新聞)

民主党、「飛んでイスタンブール」の歌手・庄野真代を参院選に擁立へ(スポーツ報知)

 民主党が今夏の参院選で、「飛んでイスタンブール」のヒット曲で知られる歌手・庄野真代(55)の擁立に向けて動いていることが1日、分かった。出馬するなら比例代表からが有力だ。庄野は近年、NPO法人「国境なき楽団」を設立してチャリティーコンサートなどを開催。民主党が掲げる「新しい公共」について政策提言する「市民キャビネット」設立にも携わっている。出馬となれば、目玉候補となりそうだ。

 民主党関係者によると、今夏の参院選目玉候補の1人として、庄野の名前が挙がっているという。この日、庄野が所属する都内の事務所では、スタッフが「(庄野さんから)何も聞いていなくて、対応できない」と話した。

 庄野といえば、1978年の大ヒット曲「飛んでイスタンブール」。同年のNHK紅白歌合戦にも出場した。歌手活動を続けながら、近年は環境問題や途上国支援などのボランティア活動に取り組んできた。06年には、NPO法人「国境なき楽団」を設立。世界の子供たちに楽器を送ったり、各地でチャリティーコンサートを行うなどしてきた。

 民主党とのかかわりも深く、主要なNPO法人による政府との協議機関「新しい公共をつくる市民キャビネット」設立に尽力。今年1月に開かれた設立協議会では、平野博文官房長官(60)ら、多数の民主党国会議員も出席する中、オープニング曲を演奏、運営委員にも就任したという。

 社会的活動の原点は「飛んで―」がヒットした後の80年、当時の夫で音楽プロデューサー・小泉まさみさん(後に離婚)とともに巡った世界1周の旅。28か国132都市を歩いた経験が、環境問題や途上国支援問題を考えるきっかけになったようだ。

 出産や離婚、顔面骨折の大けがや子宮筋腫の手術も経験した。2000年に45歳で法大人間環境学部に入学。ロンドン留学中にはボランティア活動を行い、その後は早大大学院アジア太平洋研究科も修了した。

 フィリピンのストリートチルドレン支援のためのCD制作、知的障害者を支援するチャリティーコンサート…庄野の活動は多岐にわたっている。

 ツートップの「政治とカネ」の問題などで、失点続きの民主党だが、関係者は「庄野さんが出馬となれば、目玉の1人になるのでは」と期待を寄せる。♪飛んでイスタンブ~ル~、参院選にもデ~ル~…?

 ◆庄野 真代(しょうの・まよ)1954年12月23日、大阪府生まれ。55歳。1976年「ジョーの肖像」で歌手デビュー。78年に「飛んでイスタンブール」が大ヒット。続く「モンテカルロで乾杯」もヒット。80年、休業宣言し、世界1周の旅へ。帰国後、講演やミュージカルでも活躍。ボランティア団体設立などを経て、2002年、英国留学、04年、法大卒業。06年、国境なき楽団設立、早大大学院アジア太平洋研究科国際関係学科修了。

 【関連記事】
平野官房長官、県内の可能性示唆…普天間飛行場移設で
森繁さんしのぶ会で平野長官らが追悼
ミュージカル映画「NINE」がワッフルとコラボ
堂本光一、金の舞…ミュージカル「Endless SHOCK」開幕
民主党 飛んでイスタンブール 庄野真代 を調べる

「2人区に2人」民主、参院選で最多擁立へ(読売新聞)
<訃報>熊谷清さん91歳=元川崎汽船社長(毎日新聞)
日常着は世界に誇る文化 TGCチーフプロデューサー・永谷亜矢子(産経新聞)
<民主>「七奉行」が会合 参院選に向け意見交換(毎日新聞)
基地問題検討委、協議打ち切りも…官房長官(読売新聞)

首相「適当ではない」 小沢氏の胆沢ダム受注業者からの献金(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は2日午前の衆院予算委員会で、民主党の小沢一郎幹事長側が地元の胆沢ダム(岩手県奥州市)の本体工事を受注した建設業者から政治献金を受けていたことについて「政治資金規正法に則っていると理解しているが、公共事業を受注している企業から多額の献金をもらうことは必ずしも適当ではない」と語った。共産党の笠井亮氏の質問に答えた。

 笠井氏は、胆沢ダムの本体工事を受注した17社から5年間で、献金やパーティー券の購入費として計約3千万円が小沢氏側に提供されていることを指摘した。

【関連記事】
胆沢ダムは「小沢ダム」か 八ツ場住民「なぜ続行」
胆沢ダム下請けの談合仕切り役が“天下り” 宮本組を家宅捜索
小沢事務所への献金は“みかじめ料” 東北の談合
「天の声」期待 秘書を接待漬け “実弾”攻勢
遺産か裏金か…資金出どころ焦点
黒船か? 電子書籍の衝撃 揺れる出版界

保健師の活動領域で初の調査結果―厚労省(医療介護CBニュース)
<高校無償化>衆院文科委が朝鮮学校視察へ(毎日新聞)
<津波>青森のおいらせ町長選 投票所閉鎖で7日再投票(毎日新聞)
研究発表先延ばしに…東京理科大へ「爆破」脅迫文(読売新聞)
核持ち込み「密約」断定できず、有識者委報告へ(読売新聞)

経団連の献金関与打ち切りは痛手 自民総務会長(産経新聞)

 自民党の田野瀬良太郎総務会長は26日の記者会見で、日本経団連が政治献金の会員企業への関与を打ち切る方針を固めたことについて「(党の)財政が非常に厳しい中、しっかり政策を磨く以外にない」と述べ、痛手になるとの認識を示した。同時に「自民党の経済対策が経団連の求める政策に近かったから、支援してもらっていた。野党になり政策を反映できなくなった。経団連の対応は致し方ない」と述べた。

 平成20年の経団連会員企業の献金額は民主党向けが約1億円、自民党向けが約27億円。経団連の関与が打ち切られれば自民党への打撃が大きいとみられている。

【関連記事】
自民審議復帰 疑惑隠し政党に問題あり
国交省審議会の“自民寄り”委員を更迭 後任には「親民主」がズラリ
自民が国会審議に復帰 衆院議長不信任決議案などは否決
政府、天皇の公的行為で「統一的ルール設けない」 自共は反発
鳩山首相、子供連れ去り解決のハーグ条約「早く道筋を…」

合憲or違憲? 社民、自衛隊の位置付けあいまいなまま…(産経新聞)
「生活費に困って…」 ひったくり容疑で男を逮捕 警視庁(産経新聞)
<もんじゅ>再開微妙に 安全性の説明不十分(毎日新聞)
福井・もんじゅ企業、敦賀市長のパーティー券計222万円購入(産経新聞)
知的障害女性の財産横領=7800万円、親類の女逮捕-奈良地検(時事通信)

就活生惑わす「ブラック企業」情報 火のないところに煙はたたないのか(J-CASTニュース)

 ネット上に書き込まれた「ブラック企業」の噂に、就活中の大学生が敏感になっている。どんなことが書いてあるのか。

 ブラック企業とは、従業員に対して、法律に抵触する可能性がある条件で労働をしいるような会社を指す。仕事に見合わない低い賃金や、サービス残業がやたらに多い職場、経営者が独善的などなどだ。小池徹平さんが主演した映画「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」(2009年11月公開)によって、言葉自体も広く知られるようになった。

■寝る時間がないので閉店後店舗で寝泊まり

 グーグルで「ブラック企業」と検索すると、今や300万件以上がヒットする。検索結果の上位には、ブラック企業就職偏差値なるものも出てくる。具体的な社名が明記され、仕事が激務であることや体育会体質の社内風土、ノルマ主義や飛び込み営業の有無などがもっともらしく書き込まれている。真偽はわからないし、中傷に近いものもある。

 働いていた人による書き込みもある。掲示板サイトでは、ある人材サービス企業の項目に次のように書き込まれている。

――訪問販売のような仕事で一日平均200件訪問していた上、土日祝日は必ず出勤。達成不可能と思われるノルマが課せられたこともあった。

 この会社では同期入社で辞める人も多いらしい。入社は辞めた方がよい、とまで書かれている。ただし、入社4年目という別の人は、個人の努力やチャンス次第では成長できる、としている。

 一方、ある飲食店の場合は、過労で倒れた入社4か月目の社員がいた。寝る時間がないので閉店後、禁止されている店舗での寝泊まりをする人もいたという話が出ている。

 就活中のある大学3年生は、ネット書き込みが「どうしても気になってしまう」と語る。一番気になるのが過労の話だ。「掲示板に書かれていることは、火のないところに煙はたたないと思うので、参考にできる部分もあると思います。事実でなくても先入観をもってしまうところがある」

 就活には絶対失敗したくないので情報が大事だ。経済状況を考えると入社後、自分が転職するとは考えにくい。良い噂を聞かない会社場合、ネットでさらに検索して情報を収集している。また、大学のOBに接触することもあるが、それだけで判断ができない。その際、会社の体質や雰囲気をつかむために参考にすることもあるそうだ。

■「あまり気にしすぎるのもよくない」

 一方、駒澤大学キャリアセンターも、ネット書き込みについては「学生から相談を受けることがある。離職率や労働条件を心配しているようです」と話す。必要以上に不安がる学生には、話半分に受け取るようにと諭すこともある。

 「ブラック企業アナリスト」として知られている、人事コンサルタントの新田龍さんは「悪意ある書き込みもありますが、中には少なからず、働いている人が感じていることが反映されているものがあるのでは」という。その上で、就活生には「あまり気にしすぎるのもよくない」と指摘する。

 人によっては必要以上に深刻にとってしまう場合もあるからだ。新田さんは「会社は本人にとって魅力的かどうかという観点で選ぶべきだ」とアドバイスする。たしかに残業が多く仕事がきつい職場もあるが、それに見合う賃金、地位、得られるスキル、人脈に魅力を感じる場合だってある。

  「(ネット書き込みは)いくつかある情報の中の一つの参考にとどめておくべきです。自分が得たいものは何か、考えてみることをオススメします」


■関連記事
激務薄給、ワンマン、理不尽な要求 「ブラック企業」とはいったい何者だ : 2009/04/14
企業の就職説明会「2分で満員」 予約用iPhone買う大学3年生 : 2010/01/29
ツイッターってパソコンでしょ? ギャルは人気ツールに無関心 : 2010/02/26
「ブラック会社」と「シュガー社員」悪いのはどっちだ : 2009/04/15
秘蔵カット満載!笑顔と美脚に迫る「美人キャスター」写真集 : 2010/02/23

<掘り出しニュース>出雲鍋料理コンテスト、大賞は「いづもあなたのそば煮鍋」(毎日新聞)
<訃報>永田正全さん97歳=元阪急電鉄副社長(毎日新聞)
アグネス・チャンさん ソマリアの苦境 帰国報告で訴え(毎日新聞)
手配容疑者、来院したら通報=美容外科業界と協定-警察庁(時事通信)
エヴァンゲリオン新吹奏楽版

宮城・岩手の養殖施設への津波被害、十数億円超(読売新聞)

 津波による宮城、岩手両県の養殖施設への被害は、少なくとも十数億円に上る見通しであることが、地元漁協などの調査でわかった。

 岩手県大船渡市の大船渡湾では、カキやホタテ、ホヤの養殖筏(いかだ)500台が壊滅的な状態で、同市漁協は被害額は十億円を超えるとみている。

 宮城県石巻市や南三陸町では、カキの養殖棚を固定するロープが切れ、流された養殖棚が絡み合う被害が相次いだ。県漁協志津川支所運営委員会の佐々木憲雄委員長は「潮流が複雑な内湾が特にひどい。被害は2億円以上になるだろう」と話す。

霊能力者と信者を殺人容疑で再逮捕へ 大阪府警(産経新聞)
Aiの保険収載を望む専門医が75%―救急医学会(医療介護CBニュース)
<長谷川等伯>特別展23日開幕 東京国立博物館で(毎日新聞)
26日に知床の魅力体感イベント(産経新聞)
<チリ地震>支援準備を…鳩山首相が指示(毎日新聞)

人から人へ感染か=タミフル耐性ウイルス、兵庫と鳥取で(時事通信)

 厚生労働省は23日、兵庫県西宮市と鳥取県内で、抗インフルエンザ薬タミフルに耐性を持つ新型インフルエンザへの感染が報告されたと発表した。いずれも9歳の男児でタミフルを服用しておらず、耐性ウイルスが人から人に感染した疑いがあるという。
 耐性ウイルスはこれまでに全国で52例が報告されている。このうち人から人に感染した可能性があるのは、今回を合わせて6例。周辺への耐性ウイルスの感染拡大は確認されていない。
 西宮市の男児は昨年12月9日、鳥取県の男児は同月17日に発熱し、いずれも別の抗ウイルス薬リレンザを処方された。鳥取県の男児は同時期に弟と妹も感染してタミフルを服用しており、弟か妹の体内でウイルスが変異して耐性株になった可能性もあるという。 

【関連ニュース】
【特集】新型インフルエンザ
〔写真特集〕新型インフルエンザ
国産ワクチン在庫、774万回分=1月中旬時点、新型インフル用
ピーク越え宣言へ=新型インフルで緊急委-WHO
新型インフル諮問委、記録残さず=首相に答申の専門家会議

<がん細胞>守るたんぱく解明…新薬開発に道 都臨床研など(毎日新聞)
取り調べDVD、裁判員初の再生=強盗殺人公判-佐賀地裁(時事通信)
郵便不正の上村被告「検事に圧迫受け反省文」(読売新聞)
「再び教壇へ」男性教諭に肝移植を=支援者らが募金呼び掛け-岐阜(時事通信)
受験シーズン、道真の遺徳しのび梅花祭 京都・北野天満宮(産経新聞)
プロフィール

みとめたさとしさん

Author:みとめたさとしさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。