スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「不潔は嫌」屋内砂場、公園には犬猫よけの柵(読売新聞)

 砂遊びが変わりつつある。

 室内にある真っ白な砂場、猫よけの柵で囲われた砂場。「子供の喜ぶ顔は見たいが、不潔なのは嫌」。そんな親心の反映のようだ。

 「ママ、白い砂だよ」「さらさらだね」。5月中旬、神奈川県海老名市の屋内遊園地「ファンタジーキッズリゾート海老名」。室内に設けられた砂場で、幼児らが真っ白な砂をすくって歓声を上げていた。

 使われているのは、オーストラリア産の白砂。4回研磨し、400度で加熱処理している。運営会社の社員は「見た目だけじゃない。洗浄、消毒も徹底している」と話す。

 2歳になる息子の優聖(ゆうせい)君を連れてきた同県厚木市の主婦笹くるみさん(27)は、「口に色々な物を入れる年齢。近所の公園の砂場は猫のふんや空き缶だらけで、近寄らせたくない」と言う。

 太陽の下での砂遊びも変わりつつある。

 東京・江東区北砂の亀高公園。「柵に手をはさまれないようにね」。近くの主婦(45)が、2歳の娘に声をかけていた。ブランコや滑り台のある昔ながらの公園だが、砂場だけが高さ1メートルの柵で囲われ、人が出入りするための扉が付いている。

 柵は網フェンスではなく、半透明のアクリル板。よく見ると、扉の上には青い硬質ゴム製のローラーがついている。猫が中に入れないようにする「猫返し」だ。

 「神経質にはなりたくないけど、柵があるときれいだから安心」と、この主婦は満足そうだ。

 同区によると、区の管理する公園の砂場の砂は定期的に入れ替え、バーナーで焼いて消毒もしているという。それでも「犬や猫のふん対策として、砂場に柵をつけてほしい」という要望は相次ぎ、砂場のある公園すべてに柵を取り付けることを決めた。現在、183か所中123か所で完了した。

 砂場そのものをなくす動きもある。国分寺市ではこの5年で新設した公園に砂場を設けていない。「ふんへの対応など砂場の管理は難しい。管理を住民に任せるわけにもいきませんし」と、担当者。

 国土交通省によると、全国の公園の砂場は、2004年度の6万3415か所から、07年度には6万1466か所に減った。

 それにしても、昔からいた猫や犬がなぜ今、問題になるのだろう。市の公園の8割にネットやシートを設置している三鷹市の公園担当者は「舗装された街路や公園が増え、猫が用を足す場所が減ったからでは」と推し量る。なるほど、猫は用を済ませた後、砂をかける習性がある。

 「〈砂場〉と子ども」の著書がある同志社女子大の笠間浩幸教授(幼児教育学)は、「保護者が砂場に安全や安心を求めるのは当然。ただ、子供の頃からある程度、汚れとのつき合い方を体験させることも必要ではないか。自然に囲まれ遊べない子供だけでなく、自然のままに存在出来なくなった犬猫にも同情してしまう」と話している。(石川純)

3D観賞、幼児は注意=成長に悪影響の恐れも―大人も「離れて正面から」・業界指針(時事通信)
野口さん2日地球へ ソユーズ着陸 最後の難関(産経新聞)
<日本記者クラブ賞>梅津時比古記者に賞状(毎日新聞)
ローソン子会社元専務ら逮捕へ…特別背任容疑(読売新聞)
自民、参院宮城で現職推薦へ(産経新聞)
スポンサーサイト
プロフィール

みとめたさとしさん

Author:みとめたさとしさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。